長寿の手相・長岡三重子さん

長寿の手相って、どんな手相なの?

って聞かれることがあります。

 

先日週刊現代の寿命についての特集で

「手相で観る長寿」について

コラムを書かせていただきました。

 

その時、観させていただいたのが

御年101歳の現役スイマー

長岡三重子さんの手相です。↓

長岡三重子

長岡三重子さんは80歳から水泳を始めて

85歳でマスターズ水泳記録を塗り替え

94歳で背泳の世界記録樹立。

今では26種目で、世界記録を持っています。

 

さて、その長寿の手相というのは、

皆さんご存知の通り

生命線が長いことが一つの条件ですが

他にも

・生命線の勢いが強く

 張り出しが豊かであること

・生命線に傷がない

・生命線の色艶がいい

・運命線に障害がない

・病気等の印が出ていない

などなど、総合的に見ていきます。

 

長岡三重子さんの手相は、

その全てを満たしている、

まれに見る長寿の手相なのです。

 

更に、二重生命線と言って、

途中から生命線が二重に重なって

その期間生命力が強化されています。

 

手相の流年法というので、

その年月を測ることができるのですが、

長岡さんは、夫を亡くされた53歳位から

生命線が二重になっています。

 

以前、60歳からニューヨーク最大手の不動産会社

コーコラングループに勤め始め、

バイス・プレジデント副社長まで上り詰めた

88歳にして現役の鈴木かつ子さんの手相を

拝見させていただきましたが、

長岡さんと同じく

生命線が長ーーーい、手相でした。

鈴木かつ子さんの手相

鈴木かつ子さんの手相を拝見

その時の記事もよかったら読んでくださいね。↓

http://goo.gl/UIukG8

 

生命線というのは、体力や健康、

寿命の長さを現しているだけではありあせん。

 

何か生きる目的、使命を自覚した時から、

自分の運命を現す運命線と同じく、

生命線も長く伸びて、勢いが強くなってきます。

 

つまり、生命線というのは、

人生を活きようとする

生命力そのものなのです。

 

年はとっても、決して気力、

意志力を鈍らせてはいけませんね。

 

今日は、敬老の日。

私もこの生命がなくなるまで

ばりばり現役で、世の中に貢献していきますよ!

 

ちなみに・・・

ここに登場していただいた

みつこさん、

かつこさん

さらに

きんさん、

ぎんさん、

どの名前も健康で長寿の名前です。

その名前の秘密は、

いつかまた・・・・

 

 

■—ご案内— ■

幸せを呼びこむメッセージ・月からの手紙の購読申し込みはこちら

及川遼の開くイベントの案内はこちらをクリック

 
 お電話でも受け付けております。
鑑定中は出られませんので、
留守電にメッセージを入れておいて下さい。
折り返しご連絡させていただきます。
 
:03-6228-4687
及川遼からのお知らせ
 メルマガを読んでいただいて、ありがとうございます。
 占いの鑑定を受けたい方、私のセミナーを聞いてみたい方、
 メルマガでもっと詳しいことを聞きたい方は、
 こちら↓からお申し込みください。  

 ◇カウンセリング&占いのお申込みはこちらをクリック

 ◇占いの講座・人生を変えるセミナーのお知らせはこちらをクリック


 ◇オンライン手相講座


 ◇幸運を引き寄せる無料メルマガ・月からの手紙


 ◇YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします


 

LINEで送る

最近の記事

  1. 占い

  2. 占い

    無料手相講座

おすすめの記事

  1. 登録されている記事はございません。